クレジットカードの多重申し込みは危険?実験してみた

クレジットカードの多重申し込みは危険?実験してみた

こんにちは!TKCです。インターネット上ではクレジットカードの多重申し込みは絶対ご法度!みたいな記事を見かけますが、本当にそうなのか疑問に思ったので(というかいちいち半年も開けてられない)実際に多重申し込みをしてみましたので結果を報告したいと思います!

僕が申し込んだクレジットカード

僕が多重申し込みをしたクレジットカードはこちらです。

  • ・三井住友クラシックカードA
  • ・三井住友銀聯カード
  • ・三井住友カード「Booking.comカード」

の3つです。僕は海外旅行(中国)に行く予定だったのであれば便利かなーと思い3枚のカードを一週間以内に多重申し込みしました。まあ、結局中国へは行かずマレーシアに変更になってしまったのですが( ; _ ; )/

そして審査の結論をいうと3枚とも全て可決しました!!

インターネット上で多重申し込みを調べると「絶対やめた方がいい」、「半年ほど開けてから申し込もう」とかネガティブな事がたくさん書いてありますが、少なくとも僕は全てカードを発行することが出来ました。

申し込んだタイミング

先ほど一週間以内と記述しましたが、詳しくは三井住友クラシックカードAと三井住友銀聯カードを同時申し込み、三井住友カード「Booking.comカード」を2日後に申し込みました。本当は3枚同日に申し込みしたかったのですが、忘れていました(笑)

複数クレジットカードを申し込む場合、同じような内容を何回も入力しないといけなので面倒が増えてしまいがちです。僕みたいに面倒が増えない様に、共通項目をコピペで済ませ同日で申し込む事をオススメします!!

三井住友クラシックカードA

一番欲しかったクレジットカードがこれです。三井住友クラシックカードAは海外旅行をした際に保険が自動付帯されるクレジットカードです。

ほとんどのクレジットカードが利用付帯と呼ばれるクレジットカードで旅行券を買った場合に保険が付与されるパターンの中、三井住友クラシックカードAはただこのクレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。また利用付帯の保険もあるのでカードで旅行券を購入する事でさらに保険の金額を手厚くする事が出来ます。

三井住友銀聯カード

三井住友銀聯カード

この三井住友銀聯カードは中国ではメジャーな決済サービス「銀聯」が使えるクレジットカードです。中国語に旅行や移住される方以外はあまり必要としないカードですが、逆に言うと中国に少しでも行く機会がある方は必ず持っておきたいクレジットカードです。

このカードは三井住友クラシックカードAと同時で申し込みをすることができるので僕は同時申し込みしました。(もちろん別々に審査があります。)

僕は2019年5月現在まだ中国にいけてませんが、今年中を目標に「このクレジットカードを使ってやるー!」と実は計画しています!

三井住友カード「Booking.comカード」

三井住友カード「Booking.comカード」

三井住友カードとBooking.comが提携しているカード「三井住友カード Booking.comカード」はホテルの予約サイト「Booking.com」がとてもお得に使えるクレジットカードです。

なんとBooking.comで予約し、現地でこのカードで支払うと100円につき6ポイント溜まってしまう驚異のポイント率を誇るクレジットカードです。さらに期間限定でBooking.comのアカウントをGenius会員に無料でアップグレードできるシリアルコード付きです!!

僕自身以前からBooking.comをちょくちょく使っていたのでこのカードは申し込みを決めた最後の一枚です。

ネット上の情報よりもカード会社に聞こう

心配な場合は電話で直接影響があるか聞いてみましょう。僕も実は問い合わせをしました(笑)。インターネット上ではネガティブなことばかり書いてあるので心配になりますよね?なので申し込みたいクレジットカード会社のサポートデスクに直接電話してみて「クレジットカードを2枚申し込もうと思っているけど審査の判定が悪くなってしまう可能性はありますか?」と正直に聞きましょう。

そうするとカスタマーの方が「影響がある」「影響はない」のどちらかで教えてくれます。僕も影響がない事を聞いて安心して申し込むことが出来ました。

そもそもクレジットカード会社によって審査の方法は異なり、審査内容も開示されていないので部外者のサイトが影響があると言い切る事は出来ないはずです。なので少しでも申し込みに不安を感じたらカスタマーに直接連絡をしましょう!!それが解決の一番の近道です。

まとめ

今回の実験でクレジットカードを多重申し込みしても特に問題がないことが分かりました!僕は今ホームページの制作やサイト運営を行いフリーランスとして活動しているのですが、そろそろ法人カードを作ってみたいなーと思っています。次の実験は法人のクレジットカードを対象に申し込みますので乞うご期待ください!

シェアする

コメント

おすすめの関連記事