クラウドワークス初心者の僕でも仕事を貰う為の7つのポイント

クラウドワークス初心者の僕でも仕事を貰う為の7つのポイント

台湾に来てからブログとクラウドソーシングでなんとか生計を立て初めている@TKC*です。今回はクラウドワークス 初心者の僕が仕事を獲得した方法を紹介していきます。クラウドワークスに初めてアクセスした時は「なんだか敷居が高そう」と思いましたが挑戦してみると意外と敷居が低く楽しく仕事が出来ました。

プロフィールを充実させる

プロフィールを充実させる

登録が終わって仕事を見つける前にプロフィールを充実させましょう。画像と自己紹介と自己PRは必ず記載し、職種やスキルも出来るだけ埋めておきましょう。これを済ませておくだけで後で仕事を貰いやすくなります。何より面倒なことは先に済ませておきましょう!!

本人確認、NDA締結を済ませる

クラウドソーシングは不特定多数の人と仕事をするので信用が第一です。NDA締結は本人確認が必要になるので先に本人確認を済ませておいてNDA締結を行いましょう。NDA締結に関してあまり聞きなれない単語ですが秘密保持契約(Non-Disclosure Agreement)の略だそうです。NDA締結は簡単に言うと仕事で知り得た情報を外部に公開しない約束をかわすことです。

「未経験」と「初心者」で検索する

「未経験」と「初心者」で検索する

検索欄に「未経験」と「初心者」で検索してみましょう。そうすると【初心者歓迎】〇〇のブログ記事作成など初心者でも簡単に取り組める仕事が表示されます。2018年2月現在、検索すると未経験は1300件初心者は2100件程の検索結果が表示されました。これだけの案件数があれば選べる幅が広いのですぐに仕事を見つけられるのではないでしょうか。おそらくこれが簡単で一番確実に仕事を見つけられると思います。

タスクと特急ボーナスを確実にこなす

初心者が取り掛かりやすいのがタスク案件だと思います。タスクとはデータ入力やアンケートなどの入力作業のことです。こちらは簡単なものだと数十秒で終わるものからあります(アンケート案件だと数クリックで完了など)。

簡単な分、報酬金額は低めなのでタスク案件でまとまった収入を得るには数をこなすことになります。特急ボーナスも同時にチェックしておいて自分で取り組めそうな仕事なら特急ボーナスのものを優先して消化しましょう。

文字数が少なめのライティングを探す

初心者が取り掛かりやすいものだと文章作成やアンケートなどのデータ入力になるかと思いますが、意外と長文を作るのは難しいと思います(僕だけかもしれませんが...)昔は文章作成や作文が得意だった!と言う方なら気にする必要はありませんが、自信がない方は500文字程度のものから探してみてはいかがでしょうか?

ちなみに今読んでいただいているこの記事のここまででおおよそ1100文字程度の文章量になります。このぐらいならかける!と思った方は1000文字程度のライティング案件を探すのもありだと思います!

スキルを身につける

スキルを身につける

僕がクラウドワークス を初めて間も無く本当に初心者だった頃に「この知識があったらこの案件出来たのに...」と苦い思いを結構しました。そんな時にクラウドワークスでも紹介されているSchoo(スクー)でライティングの仕方や知識などを詰め込んだ無料動画を見ることが出来ます。

クラウドワークス 内のSchoo(スクー)のページだとライティングやデザインなどの一部動画に限定されていますが、本家の公式ページだとライティングやデザイン以外にプログラムや英会話の無料動画を視聴することが出来ます。仕事をしていく上で足りないなと感じた知識をSchoo(スクー)で学んでみてはいかがでしょうか。

ゲーム系のライティングを探す

ゲーム系のライティングを探す

こちらは普段ゲームをやっていて知識なら負けない!という方にオススメな方法です。実はゲームの紹介記事や感想はかなり需要があります。PCゲームやスマホゲーム、コンシューマゲームなど幅広く需要があります。また長期的な契約も見込めるのでゲームをするだけで記事の知識が得られてしまいます。報酬で課金する際は無課金(無理のない課金)にしておきましょう(笑)

まとめ

クラウドワークス初心者の僕でも仕事を貰うために気にした7つのポイントを紹介しました。クラウドソーシングは敷居が高めに見られてしまいがちですが、初心者でも探せば必ず仕事はあります。今後クラウドワークス で仕事を探して見たいなーと思っている方はぜひ参考にしてみて下さい!一緒にクラウドワークス を盛り上げましょう!!

シェアする

コメント

おすすめの関連記事