【2017年】最新版!今すぐ簡単にできるアドセンス狩り対策

アドセンスを利用している人なら一度は聞いたことがある「アドセンス狩り」ですが、筆者はつい先日やっとアドセンス狩り対策をしました。その対策方法を書いていきたいと思います。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アドセンス狩りとは

アドセンス狩りとは自分以外の悪意のある第三者がAdSenseのプログラムポリシーを悪用し規約違反にする行為です。要するに嫌がらせですね。。。 幸運なことに筆者はまだ経験がありません。なので先日まで全く対策をしていませんでした。 ←簡単に対策できるので絶対真似しないようにしましょう:-)

筆者の話はさておきアドセンス狩りに会うとどういった規約違反になるか見てみましょう。

一つ目は広告をクリック連打された時の規約違反です。

無効なクリックとインプレッション

サイト運営者様が自分の広告をクリックしたり、手動や他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増加させたりすることは禁止されています。

AdSense プログラム ポリシー

二つ目は他の禁止コンテンツのあるサイトに自分の広告が貼られた時の規約違反です。

コンテンツ ガイドライン

サイト運営者様は、コンテンツ ガイドラインに違反するコンテンツを含むページに AdSense コードを設置することはできません。これには、成人向け、暴力的、人種差別的なコンテンツなどが含まれます。詳しくは、禁止コンテンツに関する記事をご覧ください。

AdSense プログラム ポリシー

もしアドセンス狩りに合い、Googleにプログラムポリシーを違反したと捉えられてしまったら最悪アカウント停止になりかねませんので対策は必ず行いましょう。

アドセンス狩り対策の方法

アドセンス狩り対策ですが先程紹介した一つ目と二つ目で対策方法が異なってきます。どちらも簡単な対策なので順番に書いていきます。

サイト表示回数やクリック連打の対策方法

Google側でもクリック連打の対策はされていて同じIPから複数回のクリックがあった場合、無効になり1回になるそうです。万が一それでも解決しなかったり心配な場合は連絡専用のフォームがあるので知識として覚えといてもいいかもしれません。

規約違反サイトに無断転載の対策方法

1.Google AdSenseにアクセスしログインします。

1.Google AdSenseにアクセスしログインします

2.画面左の「設定」をクリックし再度設定の下部にある「自分のサイト」をクリックします。

画面左の「設定」をクリックし再度設定の下部にある「自分のサイト」をクリックします

3.サイト右側の・が三つ縦に並んだアイコンをクリックし、「サイトの認証」をクリックします。(まだサイトを追加していない場合は自分のサイトの追加方法で方法を記載しています。

3.サイト右側の・が三つ縦に並んだアイコンをクリックし、「サイトの認証」をクリックします。(まだサイトを追加していない場合は自分のサイトの追加方法で方法を記載しています。

4.「所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する」をクリック(※緑色の色が付けば有効です)し、「保存」をクリックします。

自分のサイトの追加方法

GoogleAdsense上にまだサイトを追加していなければ以下の方法で追加できます。

1.+アイコンをクリックします。

1.+アイコンをクリックします

2.「新しいサイトのURL(example.com)」に自分のサイトを入力し、「サイトを追加」をクリックします。

2.「新しいサイトのURL(example.com)」に自分のサイトを入力し、「サイトを追加」をクリックします

終わりに

ネットでアドセンス狩り対策の方法を探しているとアドセンスの管理画面が古いものが多かったので書いてみました。当ブログの様な弱小ブログはあまり被害に合わない気はしますが、大手ブログだとどのぐらいアドセンス狩りが発生しているのか気になるところですね。なんにせよ数分で対策ができるので早いうちにやっておきましょう。

シェアする

コメント

おすすめの関連記事