高雄で絶対にオススメしたいコーヒーショップ「貓頭鷹珈琲(フクロウコーヒー)」

台湾の高雄で絶対にオススメしたいコーヒーショップ「貓頭鷹珈琲(フクロウコーヒー)

こんにちは、@TKC-Designです。高雄で美味しいコーヒーショップを探していたらありました!コーヒーショップ「貓頭鷹珈琲(フクロウコーヒー)」!ここのオーナーご夫妻は日本語ができるので中国語がわからない人でも気軽にコーヒーを注文することが出来ます。

店舗情報

お店の最寄り駅はMRT「美麗島駅」から徒歩10分ぐらいの場所にあります。行き方としては美麗島駅の8番出口から出て東側に直進し2本目の交差点「忠孝一路」を左に左折しまっすぐ進むと右手に見えてきます。

店舗情報

店の入り口はこんな感じになっています。まずは開放感溢れるお店自慢のテラス席があります。

店の入り口はこんな感じになっています。まずは開放感溢れるお店自慢のテラス席があります
お店の名前貓頭鷹咖啡館
住所No. 458, Zhongxiao 1st Road, Xinxing District, Kaohsiung City, 800
電話番号07-236-1002
営業時間土日: 8:00 ~ 18:00
平日: 9:00~ 18:00
※月曜日定休
利用料金1杯130元~

フクロウカフェのフェイスブックはこちら

フクロウカフェの詳しい地図はこちら

お店の様子

お店に入ると左手にカウンターがあるのでそちらで注文出来ます。オーナーご夫妻は日本語ができるので「ちょっと中国語で注文するのは大変だなー」と思ったら日本語で注文しましょう。気さくな対応ですぐ注文を受け付けてくれます!

※後日オーナーよりフクロウコーヒーの写真を頂きましたので1階写真、軽食写真を追加しました。

オーナーご夫妻は日本語ができるので「ちょっと中国語で注文するのは大変だなー」と思ったら日本語で注文しましょう。気さくな対応ですぐ注文を受け付けてくれます!

メニューはこんな感じになっています。NTOOO/NTOOOと書いてあるのがコーヒーの値段です。左が一杯分で右が220gの値段になります。

メニューはこんな感じになっています。NTOOO/NTOOOと書いてあるのがコーヒーの値段です。左が一杯分で右が220gの値段になります

別メニューには軽食やデザートなどもあります。実は名古屋の名物、小倉トーストもあります!これはママが名古屋へ行った際に実際に食べて感動したらしく、台湾でも作ってみよう!となった一品です。

コーヒー豆の選別

こちらのオーナーはコーヒーに強いこだわりを持っていて、豆の選別も手作業で煎る前に一回と煎った後に一回で合計二回も豆を選別しているこだわりです。

こちらのオーナーはコーヒーに強いこだわりを持っていて、豆の選別も手作業で煎る前に一回と煎った後に一回で合計二回も豆を選別しているこだわりです

お店の雰囲気

1階はお客さんが多かったので撮りませんでしたが、特別にまだ人がいない2階に案内していただき写真を撮らせて貰いました。

1階はお客さんが多かったので撮りませんでしたが、特別にまだ人がいない2階に案内していただき写真を撮らせて貰いました。

今流行りのインスタ映えしそうなとてもおしゃれな空間です!イベントを行うために2階をレンタルすることも出来るそうです。最近のイベントだとコーヒーの淹れ方講座や絵を書くための講座などが開催されているそうです。

最近のイベントだとコーヒーの淹れ方講座や絵を書くための講座などが開催されているそうです。

お店のモチーフであるフクロウのオブジェクトが見守っていてくれています。

お店のモチーフであるフクロウのオブジェクトが見守っていてくれています

個室もあります。間接照明のライトがよりオシャレ感を増しています。こんな空間でこだわった一杯、最高の贅沢じゃありませんか?

個室もあります。間接照明のライトがよりオシャレ感を増しています。こんな空間でこだわった一杯、最高の贅沢じゃありませんか?

窓際は日差しが入るのでのんびりとくつろぎながらコーヒーを楽しむことが出来ます。

洗浄機がスゴイ!?

日本ではみたことがない洗浄機(僕がみたことがないだけかも知れませんが...)がすごかったです。これ日本でもあるんですかねー?

コーヒーサーバーを装置の上に置いて

コーヒーサーバーを装置の上に置いて

手で押すとプシューと水が出てきて自動でコーヒーサーバーを洗浄してくれるそうです。

手で押すとプシューと水が出てきて自動でコーヒーサーバーを洗浄してくれるそうです

その他にも温度をタッチパネルで操作するだけで豆に適切なお湯を出すことができるものもあってコーヒーの美味しさにこだわっているのを強く感じます。

実際にコーヒーを淹れて貰いました

今回はケニアを2人分淹れていただきました。ケニアは日本で飲んだことがなかったんですがとてもフルーティーでお茶に近い感覚で飲みやすいコーヒーでした。ママいわく、アイスとホットだと味や香りが変わるよーとのことで今回はアイスをいただきました。

コーヒーをいれる様子を撮らせて貰ったので皆さんにご紹介します。

コーヒー豆をフィルターにいれてまずはコーヒーを蒸らします。

コーヒー豆をフィルターにいれてまずはコーヒーを蒸らします

その後お湯を注いでいきます。

その後お湯を注いでいきます

出来上がったのがこちらになります。

出来上がったのがこちらになります

コーヒーに軽食はいかがですか?

オーナーから軽食の写真を頂いたので合わせてご紹介します。どの写真も美味しそうでよだれが溢れそうになります...

先ほどお話しをした小倉トーストや

タマゴを挟んだサンドイッチ風なパンもあります。

この角度からは反則ですね...これで美味しくないわけがないです。

コーヒー豆を購入することも出来ます

メニュー表にコーヒー1杯分の値段とコーヒー豆220gの値段が買いてあります。

最安のエチオピアで400元から購入することが出来ます。写真の奥3つが220gのコーヒー豆です。気をつけたいのがこちらのお店はかなり人気店になっていて豆が売り切れてしまってる場合があリます。

気をつけたいのがこちらのお店はかなり人気店になっていて豆が売り切れてしまってる場合があリます

お土産用はこちら

お土産用に小分けしてあるタイプのものもあります。こちらは5杯セットで200元からになっています。豆の種類や炒り具合を選ぶことが出来ます。フクロウのロゴがとってもオシャレです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

フクロウのロゴがとってもオシャレです

台湾のコーヒー用品やフクロウの小物もあるので本格的なお土産も購入することが出来ますよー!

台湾のコーヒー用品やフクロウの小物もあるので本格的なお土産も購入することが出来ますよー!

まとめ

高雄で人気のコーヒー店「貓頭鷹珈琲(フクロウコーヒー)」を紹介しました。個人店では日本語が通じないお店も多いなかこちらは日本語で安心して注文することが出来ます。豆のこだわりも強くかなり美味しい1杯を飲むことができるので美麗島駅に寄った際は是非訪ねてみてください!

シェアする

コメント

おすすめの関連記事