【初心者OK】誰でも挑戦できる高尾山に登ってみた!

【初心者OK】誰でも挑戦できる高尾山に登ってみた!
スポンサーリンク

東京にいるとなかなか身体を動かす機会が少なく運動不足を感じていましたが、友人の誘いで東京都にある高尾山に登ってみました。結果として子供や初心者でも登れる山で家族のお出かけにもいいかなーと感じました!(僕自身登山は初めての経験でしたが、難なく登れました。)そんな高尾山の魅力をこの記事でお伝えします!

高尾山の情報

高尾山は世界一登山客が多いことで有名です。標高は599mで富士山の6分の1ぐらいの大きさです。

標高599m
名称高尾山

最低限の服装

高尾山に限らず登山をするときには動きやすい服装を用意しましょう。靴はヒールなどのかかとが高い靴は避け、動きやすいスニーカーを着用しましょう。僕はマウンテンパーカーとスニーカーを着用しました!

高尾山のアクセス

高尾山のアクセスはJRだと2通りあります。京王線を使う方法と中央線を使う方法です。どちらとも同じ高尾山口駅に着くので変わりませんが、京王線の方が乗り換えがない分安いのでおすすめです!

京王線:新宿駅→高尾山口390円
中央線:新宿駅→高尾駅(京王線に乗り換え)→高尾山口680円

どちらも50分程度で高尾山口に到着します!僕は京王線を使い高尾山口駅に向かいました。JR新宿駅の京王線付近を歩くと高尾山の文字が!!

僕は京王線を使い高尾山口駅に向かいました

高尾山口駅についた瞬間、自然を感じます!(笑)390円でこの自然はいい意味で期待を裏切られました!ちなみに車で来られた方用にも付近にコインパーキングがあるので家族ずれなので車で行きたい!という方でももちろんOKデス!

高尾山口駅についた瞬間、自然を感じます!(笑)

駅には温泉が直結

京高尾山口には京王高尾山温泉「極楽湯」という温泉があります。ここ温泉は食堂の食べものが美味しくて施設自体も新しいのでぜひオススメできます!登山帰りに疲れた身体を癒すため入浴される方が多いです。僕も帰りには必ず入浴するようにしてまして、別に記事を書いたのでぜひこちらもみてみてください!

【駅スグ】京王高尾山温泉極楽湯がとっても快適

【駅スグ】京王高尾山温泉極楽湯がとっても快適

少し進むと清滝駅が

少し山の方に進むと駅が見えてきます。

少し山の方に進むと駅が見えてきます

ここではケーブルカーやリフトに乗ることができます。僕のオススメは行きはリフトで登って帰りはケーブルカーを利用する方法です。行きはケーブルカーは待ち時間があったり混雑している時があるので空いているリフトで登ります。もちろん徒歩で登ることもできますが40分程度掛かるそうなので乗り物に乗ることをオススメします!

また清滝駅にはトイレも完備しているのでこちらで済ませてしまいましょう。

リフト・ケーブルカーの料金

大人は片道¥480です。スイカやパスモなどの電子決済が可能なのでスムーズに切符を購入できます!

大人は片道¥480です

リフト・ケーブルカーどちらとも同じ値段です。

大人片道¥480
大人往復¥930
子供片道¥240
子供往復¥460

リフトに乗る時の注意点

リュックや荷物は前に抱えて持ちましょう。乗る際は駅員さんに指示されたらベルトコンベアに進みます。

乗る際は駅員さんに指示されたらベルトコンベアに進みます

リフトに乗ったら足をブラブラすると最悪リフトが止まりますので絶対にやめましょう!

リフトに乗ったら足をブラブラすると最悪リフトが止まりますので絶対にやめましょう

また落し物はスマートフォンが多いとの事でしたがリフト途中でスマートフォンを落としたらほぼ100%壊れる高さになりますのでストラップなどをつけた方が無難です。

リフトを降りると小さい展望台が

リフトを降りると小さい展望台の様な場所があります。ここでみる景色も十分綺麗ですが、山頂はもっと綺麗です!

リフトを降りると小さい展望台の様な場所があります。ここでみる景色も十分綺麗ですが、山頂はもっと綺麗です!

山のコースが書かれたハイキングコース案内図があるので登るルートをここで確認しましょう

少し進むと高尾山駅

少し山の方に進むと高尾山駅があります。この駅はケーブルカーの乗り降りをする駅なのでケーブルカーを使う方はここから登山を開始します。

少し山の方に進むと高尾山駅があります

付近に売店があるので必要なものがあれば買っていきましょう。

付近に売店があるので必要なものがあれば買っていきましょう

僕が登ったコース

僕が登ったコースは一号路(表参道コース)で山頂まで登り、下りは4号路を使って下るのがオススメです。しかしファミリー向けだと4号路はオススメできません。理由として手すりや柵が設置されておらず地面も木の根が出ていますし道幅も狭いので結構体力を使います。また万が一のことを考えると危険がありますし、1号路往復でも十分楽しめますよ!

一号路

一号路は道が整備されていて登山初心者の方でも安心して登る事ができます。高尾山を登るならまずはこのコースがメインと言っても過言ではありません。

道中はタコ杉と呼ばれる樹齢450年ほどの大木があります。こちらはパワースポットとして人気があります。

道中はタコ杉と呼ばれる樹齢450年ほどの大木があります。こちらはパワースポットとして人気があります。

また仏舎利塔と呼ばれるお釈迦様の遺骨を収める建物や天狗様の像がある薬王院があります。

仏舎利塔と呼ばれるお釈迦様の遺骨を収める建物や天狗様の像がある薬王院があります

山頂までにこういったスポットがいくつかあるので登山だけでなく、高尾山の魅力いっぱいに満喫できるコースです。

山頂

一号路で高尾山の魅力を満喫しつつ山頂に到着すると山々に囲まれた絶景を見る事が出来ます。

一号路で高尾山の魅力を満喫しつつ山頂に到着すると山々に囲まれた絶景を見る事が出来ます

少し休憩していると日本三鳴鳥の鶯(ウグイス)が「ホーホケキョ」とお出迎いもしてくれました。

少し休憩していると日本三鳴鳥の鶯(ウグイス)が「ホーホケキョ」とお出迎いもしてくれました

ビジターセンターと呼ばれる建物では簡単なワークショップに参加できたり高尾山についてもっと詳しく知ることが出来ます。ここで降りる道を相談するのもいいかもしれません!

ビジターセンターと呼ばれる建物では簡単なワークショップに参加できたり高尾山についてもっと詳しく知ることが出来ます。ここで降りる道を相談するのもいいかもしれません!

四号路

四号路は一本橋があるコースです。見所のあるコースですが道は整備されていないので高齢者や子供がいる場合は厳しいと思います。

四号路は一本橋があるコースです。見所のあるコースですが道は整備されていないので高齢者や子供がいる場合は厳しいと思います

こんな感じで下は崖になっているので滑って転落すると大怪我じゃすまないと思われる高低差です。ふざけて歩いたりするのは絶対に辞めましょう!

こんな感じで下は崖になっているので滑って転落すると助からないと思われる高低差です

地面は木の根が出ているのでスニーカー(歩きやすい靴)は必須と言えます。

地面は木の根が出ているのでスニーカー(歩きやすい靴)は必須と言えます

四号路の最大の魅力みやま橋(一本橋)です!橋からのぞいてみるといい写真が取れますよ!!

四号路の最大の魅力みやま橋(一本橋)です!橋からのぞいてみるといい写真が取れますよ!!

みやま橋を超えると斜めに木が生えている所もあってとても神秘的です。

みやま橋を超えると斜めに木が生えている所もあってとても神秘的です

四号路を降りていくと一号路の途中に合流します。少し降りるとケーブルカーの駅が見えて来るので乗車する予定の方は時刻を確認しましょう。

TAKAO 599 MUSEUM

高尾山を降りると駅の間にTAKAO 599 MUSEUMがあります。この博物館は博物館とカフェが合わさった建物なので休憩がてらよってみてください!

登山の後は「高尾599ミュージアム」で休憩はいかが?

登山の後は「高尾599ミュージアム」で休憩はいかが?

まとめ

高尾山について書いてみました。高尾山は登山初心の方でも気軽に挑戦できますし、新宿から数百円で行ける好アクセスもポイントが高いと思います!普段の東京では味わえない大自然が広がっていてとてもリラックスできる場所なので運動不足を感じている方にもオススメできますよ!

シェアする

コメント

スポンサーリンク

おすすめの関連記事