もしもドロップシッピングがサービス終了!代わりはある?

もしもドロップシッピングがサービス終了!代わりはある?
スポンサーリンク

ドロップシッピングで有名なもしもドロップシッピングが終了することが決定しました。僕的にメールを受け取った瞬間、え?まじ?一部のサービスだけとかそう言うオチでしょ!と思いましたがお知らせメールを見ると本当にサービス終了の内容が書いてました。今回はサービスが終了する流れともしもドロップシッピングに変わるASPをご紹介します。

いつサービス終了するの?

もしもドロップシッピングの終了は2020年の4月だそうです。それでまではサービスは継続するのでいますぐにお店を閉じないといけないわけではないので安心してください!

サービス終了の流れ

サービス終了の流れとしては以下の流れになります。え?聞いてないんだけど…といったことが起きないように日程を必ず確認しておきましょう。

  • 2019年9月中→新規会員登録中止
  • 2019年9月30日→商品提供社ID:3の商品が販売停止
  • 2020年3月→カーページにサービス終了のお知らせ掲載
  • 2020年4月30日→もしマーケット全てのカート機能停止

こういった流れになります。

最後の報酬支払いはいつ?

最後まで営業を行なった場合、2020年4月が最後になるのでその分が6月末に支払われます。「ショップできすぎくん」で作ったショップは全て削除されてしまうのでデータが必要な場合は必ずその前にデータをダウンロードしておきましょう。

代わりのサービスはある?

同じもしもが提供しているサービスだとトップセラーもしもアフィリエイトがあります。他社の有名卸サイトだとNETSEA(ネッシー) ですね。これらは全て無料で登録できますが、ドロップシッピングとアフィリエイトはサイト構成が異なるのでご自分のサイトにあったものを選びましょう。

トップセラー

トップセラー

トップセラーはもしもドロップシッピングに似たサービスです商品扱数は20万点とほぼ同じですがトップセラーの場合報酬が高く、自由度が高い分お問い合わせやクレーム対応も必要になってきます。

トップセラーのメリットとして楽天やYahooショップに対応した商品リストになっているのでアップロードすれば一気に商品データを流し込むことができます。

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトはその名の通りアフィリエイトなのでドロップシッピングとは違うサービスです。商品を販売する以外にも会員登録やサービス利用など商品を販売する以外の多方向で収入を得ることができます。

また楽天やYahoo、アマゾンと提携することでドロップシッピングより手軽に商品の販売を行うこともできます。

ネッシー

ネッシー

ドロップシッピングのASPとしてもう1つおすすめなのがNETSEA(ネッシー) です。ネッシーはもしもドロップシッピングと同様に超大型の卸サイトです。商品点数は170万種類あるのでもしもにこだわらないのであれば試しておきたいサイトです。

ネッシーは登録しないと仕入れ値が見れないのでこれからもドロップシッピングを行うのであれば必ずみておきたいサイトです。サイトデザインも綺麗で登録は無料なのでぜひチェックしておきましょう。

まとめ

ドロップシッピングが終わったのはかなりショックでしたが、ECサイトも年々ニーズが変化しているとのことだったのでこれからも気が抜けないですね。

シェアする

コメント

スポンサーリンク

おすすめの関連記事