【完全無料】会計ソフトのオススメはこの3本だけと断言します!

【完全無料】会計ソフトのオススメはこの3本だけと断言します!

税金申告時に必要な会計ソフトですが、ほとんどのソフトが有料で月額料金がかかってしまいます。そこで今回は永久に無料で使える会計ソフトを3本ご紹介します。それぞれ特徴があるので初心者の方にも分かりやすいように1つずつ比較しながら解説していきます。

青色申告と白色申告

個人で確定申告を行う場合、大きく3つに分かれます。今回ご紹介するソフトでは白色だけ申告出来るものと青色申告も出来るソフトがあるのでまずはご自分でどの確定申告を行うか決めておきましょう。

申告方法白色申告青色申告(10万円控除)青色申告(65万円控除)
帳簿付け単式簿記複式簿記複式簿記
決算書の種類収支内訳表青色申告決算書青色申告決算書
控除なし10万円65万円
赤字繰越基本的に不可3年間可能3年間可能

僕のオススメするソフト3本

僕がオススメしている無料の会計ソフトは以下の3本です。

  • ・やよいの白色申告
  • ・円簿青色申告
  • ・ちまたの会計

やよいの白色申告

やよいの白色申告

白色申告をするなら「やよいの白色申告」がオススメです。やよいの白色申告は完全無料で利用出来るアプリです。オススメな理由としてはクラウドで申告出来るのでインターネットにアクセス出来るパソコンならWidows、Macに関わらず利用出来る点と税金知識が不要で簡単に申告書を作成することが強みです。

またやよいシリーズは使用しているユーザーが多く、簡単な質問ならばインターネット上に情報が載っていることがほとんどです。

クラウドで動作するソフトのため面倒なアップデートを行う必要もありませんし、データは自動でバックアップが取られているので安心と言えます。さらにセキュリティ対策にも力を入れていて「Microsoft Azure」を採用し24時間365日稼働のセキュリティエンジニだけで構成された専門のスタッフで運用を行なっています。

円簿青色申告

円簿青色申告

こちらは青色申告を行うクラウドタイプのソフトです。やよいの白色申告に比べ入力内容は複雑になりますが、説明動画があるので初心者の方でも安心して申告書類の作成が行えます。ただし1つ1つの専門用語の解説はないのでわからない箇所は自分で調べるか勉強する必要があります。

ちまたの会計

ちまたの会計

ちまたの会計は確定申告用の会計ソフトではなくサークル、自治会、PTA、ボランティア、子供会、スポーツクラブなどの非営利団体向けに無料でリリースされている珍しいクラウド会計ソフトです。

団体内のお金の管理を一目瞭然に出来るソフトになっていて、今まで手書きやエクセルなどの表計算ソフトで管理されていた方にオススメしたいソフトです。

無料期間がある有料会計ソフト

おまけとして無料期間が設けられている会計ソフトをご紹介します。無料ソフトの違いはサポートがついていたり、インターネットを通じて確定申告を行うe-Taxにも対応しています。さらに確定申告だけでなく法人設立に必要な書類を作成することも出来るので近いうちに法人成りを検討されている方にオススメです!

freee(30日間無料お試し)

freee(30日間無料お試し)

freeeは質問を答えるだけで申告書を作成出来る会計ソフトです。freeeは”簡単に会計”に拘っており、専門知識は不要で簡単に申告書を作ることができます。レシートを読み込んで自動で経費を入力出来る機能を持っており、1年間溜まったレシートがあっても瞬時に文字を読み取り申告書を作成可能です。

マネーフォワード クラウド(1ヶ月無料お試し)

マネーフォワード クラウド

マネーフォワード クラウドは銀行、クレジットカード、電子マネー、POSレジ、勤怠管理など様々な外部サービスと連携することで入力や仕訳を自動化できる強みを持っています。そのため今まで見通しがはっきりしなかった部分を透明化できるメリットがあります。

まとめ

3本の無料会計ソフトをご紹介しました。全てクラウドのソフトなので端末に依存せず、パソコンやスマートフォンなどの端末ですぐに入力出来るのが特徴になっています。

シェアする

コメント

おすすめの関連記事