台湾のATMでデビットカードを使って現金を引き出す方法

台湾のATMでデビットカードを使って現金を引き出す方法

こんにちは、本日初めて台湾でデビットカードを使ってお金を引き出した@TKC*です。生活に絶対必要なお金ですが、海外だと急な出費でお金が必要になる時が多々あるかと思いますので今回は全家(ファミリーマート)のATMで実際に写真を取りながらお金を下ろしてみたので引き出す方法を紹介します。

海外で使えるデビットカード

海外で使えるデビットカードですが日本のカードだとVISA(PLUS)JCB(Cirrus)が多いです。僕は楽天銀行 のデビットカードを使いました。楽天銀行は口座開設に審査がなくスピーディーに開くことができてVISAとJCBを選ぶことができます。JCBならデビットカードの年会費無料で利用できるのでおすすめです。

日本で確認しておくこと

デビットカードの取引時間や休日が使えるかどうかは確認しておいたほうがいいかと思います。カードやブランドによって異なっていると思うので日本で確認しておき、台湾でお金を下ろすときに使えない!なんてことが無いようにしましょう。僕は一度確認せずに下ろしに行って結局おろせなかった苦い経験をしました。

ATMのマークを確認する

場所にもよりますが台湾はコンビニがたくさんあって中に国際ブランド(JCBやVISA)が使えるATMを備えている場合が多いです。また銀行のATMもおおよそ対応しているかと思いますが一部古い種類のATMは国際ブランドに対応していない場合があります。

ATMのマークを確認する

引き出す前に自分のカードブランド(VISA、JCB)が記載されているか確認しておきましょう。今回はVISA(PLUS)マークがATMにあればデビットカードを使うことが出来ます。

お金をATMから引き出す方法

ATMをタッチしてデビットカードをカードリーダーに入れましょう。

ATMをタッチしてデビットカードをカードリーダーに入れましょう

カードによっては向きがあるので返却される場合は反対側も試してみましょう。僕はVISAカード/ICキャッシュカードの方で使うことが出来ました。

カードによっては向きがあるので返却される場合は反対側も試してみましょう。

パスワードを要求されるので下にあるキーボードで入力し確認を押します。

パスワードを要求されるので下にあるキーボードで入力し確認を押します パスワードを要求されるので下にあるキーボードで入力し確認を押します

取引口座の種類を選択します。僕が持っている楽天銀行は普通口座なので「卡片帳戶」をタッチします。

取引口座の種類を選択します

下ろす金額を入力しましょう。左側の金額ボタンをタッチしても入力できますし手元のキーボードでも入力することが出来ます。※キーボードで入力する場合は最後に確認ボタンを押す必要があります。

下ろす金額を入力しましょう。左側の金額ボタンをタッチしても入力できますし手元のキーボードでも入力することが出来ます

最後にキャンペーンに参加するか?を聞かれます。特に興味がなければ「不参加」でいいと思います。

最後にキャンペーンに参加するか?を聞かれます。特に興味がなければ「不参加」でいいと思います

ここまでで手続きが完了です。現金と領収書が出てくるので受け取りましょう。現金が出てこず、領収書だけ出てくる場合は口座の種類が違ったり、残高不足などが考えられます。

まとめ

台湾のATMでデビットカードを使う方法を紹介しました。おそらく海外のATMでお金を下ろす機会は結構あると思うのでぜひ参考にしてみてください。また余談ではありますが海外に行くときはカードを何枚か持っておき万が一の盗難に備えましょう。

シェアする

コメント

おすすめの関連記事